水虫の症状が出たら早めに診断しよう|症状でわかる病気の正体

医者と看護師

中々治りません

カウンセリング

どんな症状なのか

水虫は、誰しもがなる病気だと思います。一般的な症状として足の指の間がかゆくなるということです。他にも足の裏の皮が剥ける症状で、この場合は外で長く靴を履いてる人が掛かりやすく、余り外に足をさらすことが少ない人に多く見かける症状みたいです。又、丸い気泡が出来て気泡から汁が出て来て非常に痒みを伴うことです。水虫はカビの一種ですので直ぐ移ってしまいます。薬を塗る時に、ナイロン製の手袋をせずに薬を塗ってるとあっという間に指先や手のはらに移ってしまい非常に治すのが難しくなります。水虫は体中移るので家族に一人でも水虫の人がいたらタオルやマットなど綺麗に洗浄する必要があります。特にお風呂場では注意が必要になります。

どうやって治すのか

水虫は一年中掛かる病気なので、冬は痒みがひいていても、必ず治療が必要になります。症状にもよると思いますが、水虫はカビです。したがって、何も足だけではなく体全体に広がる特徴があります。水虫の薬はクリームタイプや液体タイプ等があります。薬を使う場合は一度病院に行ってみてもらうのが先決だと思います。たとえ痒みなくても薬を一年中治るまで使う必要があります。又、ひどい場合は病院などに行って自分に合う症状の薬を貰えばいいでしょう。皮膚科の病院では、まずは医師の診断を受けることが大切です。医師が処方する薬は症状に基づいたものなので、自分に合った薬剤を提供してくれます。人気のある皮膚科は診察の予約が殺到することがあるので、直接行くと長時間待機する可能性があります。したがって、忙しい方はできるだけ事前に予約をしてから病院まで行くことをおすすめします。その際は、健康保険証などを忘れないようにしましょう。