水虫の症状が出たら早めに診断しよう|症状でわかる病気の正体

医者

クリニックの探し方

ウーマン

新宿駅周辺の皮膚科クリニックの診療内容は、アトピー性皮膚炎の治療やシミやホクロの除去など様々です。クリニックを選ぶ時には、診療内容や治療実績に注目するべきです。美容系のクリニックは、無料カウンセリングが受けられることを重視するべきでしょう。

もっと知ろう

中々治りません

カウンセリング

人によって症状が様々な水虫ですが、放置を続けると、足だけではなく体全体に広がる可能性があります。症状に合った薬を処方してもらうには、医師の診察を受けることが大切です。病院が混む可能性があるので、事前に予約しておきましょう。

もっと知ろう

白癬菌症状がでたら

足

白癬菌の症状とは

白癬菌とは水虫のことです。水虫はカビの一種の白癬菌が足の裏や頭などに繁殖した状態を指します。白癬菌による小さな水膨れが目立つことが多いため水虫と呼ばれているそうです。水虫の原因は、大きく分けて3つほどあります。1、高温多湿の環境により、菌が繁殖する。パンプスや革靴、ブーツなどを履いていて長時間蒸れていたりすると白癬菌が繁殖しやすいと言われています。2、感染している身近な人からもらう。感染している人の履物やマットなどを使用してしまうと伝染ってしまうこともあります。3、ペットとのスキンシップで感染してしまう。白癬菌の中には、猫や犬など毛が長い動物を好んで寄生するものもいます。菌に感染しているペットを抱きしめた際に感染して腕や首が痒くなったり赤くなったりします。

白癬菌は1ヶ月で治せる

水虫を治すには、治療が必要です。水虫は予防が出来ていれば一番良いのですが、万が一症状が現れた場合は皮膚科への受診をおすすめします。かゆみがなく、気がつかない方が多いので治療しないこともあり治りにくいと言われていたり、病院を受診せず自分でなんとかしようとしているから治すために時間がかかりやすいと言われています。最近は、優れた薬のおかげで通院すると1ヶ月もすればきちんと治ります。医師の指示に従い1日1回毎日薬を塗り続けることこれが水虫を治す一番の近道です。1週間ほどでかゆみもなくなり、症状もだいぶ軽減されていくそうですが、薬は止めることなく治るまでしっかりと塗り続けることが完治のポイントになります。

白癬菌とは無縁の肌になる

2人のドクター

水虫は、患部を清潔に保つだけでなく摩擦など刺激にも気を付けることで症状を悪化させないようにできます。患部の通気性を良くするために、靴や靴下も工夫して履くようにすると良いでしょう。

もっと知ろう